健康

青汁を使った料理でダイエット

青汁ダイエットを始めるにあたり、青汁の飲みやすさ味などは十分に吟味したことでしょう。
ですが毎日毎日飲んでいると飽きることはありませんか。
勿論、水で飲む、牛乳で飲む、豆乳で飲む、飲むヨーグルトに入れて飲む、100%果汁ジュースで飲むなどというように、飲み物にするだけでも最低限でもこれだけあります。
その他の青汁ドリンクレシピはこちらを参考にすると良いでしょう。
こちらのサイトには青汁と豆乳の組み合わせで得られる効果について書いてあります。

ですが、料理の中に取り込むことも簡単に出来るのです。
青汁は粉のものを水に溶かして摂りこむことが出来ます。
野菜の具材の入った味噌汁や野菜の入ったオムレツ、カレーに入れたり、粉状であることをいかしてから揚げの衣や天ぷらの衣などに使ってもいいでしょう。

脂と一緒に青汁が入ることで、脂の吸収を抑えることができるでしょう。
意外なことに炊き込みご飯にも合うと言うのですから驚きです。
確かに炊き込みご飯には山菜や野菜も使われていますので、不思議ではないのかもしれません。

また子供に喜ばれて簡単に作れて朝ご飯にぴったりなのはパンケーキです。
ホットケーキの素に青汁の粉を混ぜ合わせて焼くだけです。
朝から栄養たっぷりの青汁朝食が簡単に食べられます。

ここで簡単な青汁のマドレーヌの作り方をご紹介しましょう。
バター50gを常温に戻したら、砂糖50gと青汁2袋に混ぜ合わせます。
混ざりましたら薄力粉50gと卵1個を加え、しっかりと混ぜ合わせます。
マドレーヌのカップに入れて、オーブン180wで15分間、焼けば出来上りです。
クッキーよりも簡単にできて、おやつになります。

他にはプリンや寒天ゼリーなどといったものもおやつにしやすいし、抹茶風味で喜ばれます。
料理には加えるという形を使って青汁事体の味を分からなくさせるのが多いようですが、おやつにははっきりと抹茶風味の青汁をいかしたおやつが多く作れます。
野菜嫌いな子供でも、青汁を料理に混ぜれば野菜不足が解決できるかもしれませんね!

また最近は家でもパンが焼けるようになっている家庭が多いために、さまざまなパンの中に青汁も含まれて、青汁パンという名の抹茶風味のパンが出来上がっています。

アイデア次第で様々にアレンジできる青汁をお楽しみください。

Menu